肌の色合いとタイプ

時の経過によっておきる肌の変化は人により、千差万別です。みな同じ肌構造を持っていますが、DNAに刻まれた情報がそれぞれ違った悩みを作り出すのです。

 

肌の悩みのタイプ別スキンケアにはバイオテクノロジーを使ったビーグレンの浸透するコスメをお勧めします。手軽に試せるトライアルセットは悩みのタイプ別に4種類あります。

 

トライアルセットの詳細、申し込み

商品の詳細、お申し込みはこちらから

 

たとえば色白で滑らかな肌を持つ人は、若いときに肌トラブルであまり悩みませんが、日焼けのダメージはより受けることになります。反対に色黒の人は、吹き出物等に悩まされても、日焼けには抵抗力が強く、年をとっても目立ったシワがない人もいます。

 

どの肌にも長所と短所があります。スキンケアの効果をより確実に得たいと思うなら、肌の色合い、タイプについて知り、肌に合ったケアをすることが重要なことです。

肌のタイプ

肌のタイプ別のスキンケア

乾燥肌、脂性肌、混合肌があります。それぞれに合ったスキンケアをしないと効果が得られないばかりか、かえって新たな肌トラブルの原因ともなりかねません。

 

たとえば、脂性肌用のスキンケア化粧品を乾燥肌や敏感肌の人が使うとヒリヒリしたり、脂分の配合されたクレンジングや保湿化粧水を脂性肌の人が使うと、ニキビの原因となってしまいます。

 

タイプ別に選んでも、貴女の肌に合うかどうかは使ってみないとわかりません。まずはサンプルやトライアルセットでバッチテストを必ずしてください。

 

タイプ別 トライアルセットを確認する

>>商品の詳細、お申し込みはこちらをクリック

 

ビーグレンのトライアルセットは、肌の悩み別に4種類。貴女の肌のタイプ、悩み別に試すことができます。今ならお得なプレゼントもついています。 

 

乾燥肌
乾燥は老化とも関連はあるのですが、実は間違った洗顔が乾燥肌を引き起こしているともいえます。洗浄力の強いクレンジングや洗顔剤を使って汚ればかりか必要な皮脂まで落としてしまい、水分が蒸発して不足するのでこれを防ごうと皮脂の分泌が活発になります。また肌を守ろうとして角質層が厚くなって不安定になり、肌のバリア機能が失われてしまいます。

 

角質細胞ができる過程、「角化」が乾燥により普段より急いで行われるため、未熟な角質細胞がどんどんできて、正常な角質層を作ることができないのです。

⇒ 更に乾燥肌の原因、改善についてもっと詳しく読む。

脂性肌
皮脂の分泌が多く、テカリやべたつきが気になりニキビのできやすい肌です。皮脂の量はホルモンの影響を受けるので、簡単に減らすことはできません。ただし、加齢とともに、潤滑油の働きもしてくれますので現在気になる部分をコントロールするケアを摂りいれましょう。

 

皮脂を減らすよりも、保湿成分を補い、体の水分を部やして、水分と油分のバランスをとると皮脂だけが浮き上がることは防げます。

 

混合肌
部分的に肌質が違う場合です。たいていはTゾーンが脂性肌でUゾーンが乾燥肌というケースです。混合肌のスキンケアは、よりデリケートなUゾーンの肌質に合わせます。

 

どの肌質でも共通して言えるのは、若返りのためのスキンケアの基本は洗顔から、ということです。刺激が少なく、汚れはしっかり落とす洗顔剤を使用し、保湿力を高めるスキンケア化粧品を選びましょう。

 

最近人気があるのがクレイを使った洗顔剤です。クレイ洗顔は「吸着」という新しい洗顔方法です。

 

→ さらにクレイの吸着と新しい洗顔方法についてもっと詳しく読む

【肌の色合い】

肌の色合いはメラニンの量により決まります。メラニンの量が多いほど濃い肌の色になります。また、メラニンは紫外線を吸収し、日焼けのダメージに抵抗する力や、炎症を回復する力をコントロールする働きがあるので、メラニンが多い濃い色の肌は日焼けによるシミやシワのダメージを受けにくく、老化が遅いですが、白い肌はダメージや刺激を受けやすいです。

 

白い肌(白人)
メラニンがわずかなので、光老化のダメージから守る手段がほとんどありません。
傷が残りにくく、変色しにくいので形成外科手術などの美容術の効果が大きいです。

 

日焼けによるダメージを受けやすく、皮膚がんなどの確立が高くなります。

 

肌の色合い別のスキンケア

まず、紫外線から肌を守ることで予防、アルファリボ酸、ビタミンCといった抗酸化物質で肌のコラーゲン生成能力を高め細胞の修復をするのが効果的です。

 

褐色の肌(アフリカ、南米系)
メラニン量が多いので紫外線のダメージに強く、皮脂腺が多いので多い脂分がシワをできにくくしています。弾力もあります。
炎症をおこしやすく、ニキビ跡がケロイドのようになることもあります。
アストリンゼン化粧水のような肌に刺激を与えて炎症を起こすことで効果を得るような化粧品は避けましょう。ニキビ治療薬は濃度の高いものは使ってはいけません。 レチンAは適量を守り、AHAを注意して使うとよいでしょう。

 

淡褐色または黄色(アジア、地中海地域)
アジア人の肌は紫外線のダメージには白い肌よりは強いですが、褐色の肌のように毛穴の目立たないきめのある肌ではありません。
地中海地域の人の肌は厚く、脂分が多いので毛穴は大きいですが、紫外線のダメージを受けにくく、シワにもあまりなりません。
肌に水分を与え、抗酸化物質をたくさん含んだ果物や野菜を多く摂ることが特に重要な肌です。アルファリボ酸が効果があります。